カメラを設置する意味|何処にいようが心配無用|ネットワークカメラで生活が激変

何処にいようが心配無用|ネットワークカメラで生活が激変

作業員
このエントリーをはてなブックマークに追加

カメラを設置する意味

メンズ

監視カメラは、犯行の瞬間を見ることができるだけではなく、「カメラがそこに有る」というだけで犯行をおさえることができます。カメラが与えるプレッシャーというのは大きなものであり、存在をアピールするだけで犯罪のリスクは激減します。実際に、繁華街に防犯カメラを見えるように設置することで事件発生の件数が激減したという報告もあります。このように、カメラがそこにあるというだけで与える影響は計り知れないものがあるのです。
これを逆手に取り、監視カメラのダミーを仕掛けて空き巣対策を行うという手段があります。防犯カメラは基本的に高価なものが多いため、購入するのに少しためらってしまうケースは多いです。しかし、監視カメラのダミーならばいわば単なるハリボテなので価格は非常に安いため、気軽に仕掛けることができます。もちろん実際に映像を録画はできませんが、カメラがあるというだけでプレッシャーを与えられるので、空き巣に狙われるリスクは下がります。いわば畑やベランダによく設置されている鳥よけの大きな目玉のようなものです。
もちろん、設置の方法が悪かった場合ダミーの監視カメラだとバレてしまう可能性があるので、仕掛ける際には少し考えて設置することになります。また、近年では作動しているように誰かが近づくとランプが付いたり、自動で首振りを行うダミーカメラもあります。そのため、よりダミーだとバレにくくなっており、セキュリティ性を気軽に向上させることができます。